【川越のステンドグラスが美しいお屋敷・保岡勝也の建築③】

建物
お名前.com

旧 山崎家別邸

本川越駅から歩いて15分。蔵造りの街並みから一本道を隔てた所に、素敵なお屋敷が建っています。
「旧 山崎家別邸」
1924年(大正13年)川越銘菓の「亀屋」の五代目喜七の隠居所として建てられた和洋折衷住宅です。洋風和風プラス蔵という建物になっています。
国指定の重要文化財であり、国登録記念物名勝地です。
 ちなみに亀屋の創業は1783年(天明3年)老舗の和菓子屋です。

「旧 山崎家別邸」の設計は建築家の保岡勝也。丸の内のビルや銀行、商店などたくさんの近代住宅を手がけています。
川越には川越4部作といわれる建物のうち3つが現残していて、そのうちのひとつになります。

 川越4部作

ではまずは正面玄関から。

玄関まわりは洋風です。夜になるとステンドグラスが映えそうですね。
2階建で、1階部分が公開されています。

室内から眺める庭園も美しいです。庭園には茶室もあり、保岡氏は庭園を含め設計をしています。

ベランダと庭園

保岡勝也氏の設計の、川越の現存する建物とはまた違っていて新鮮です。
西洋風建築なら、りそな銀行蔵の街支店、山吉デパートで!
川越の老舗「亀屋」のお菓子をお土産に、保岡勝也建築巡りも楽しいかもしれません。

旧山崎家別邸 アクセス
開館時間 4~9月 9:30~18:30 10~3月 9:30~17:30
入場料  一般100円


人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました