文京区音羽の鳩山会館・小川三知作成のステンドグラスの美しい洋館にお邪魔してきた!

建物

ステンドグラスの美しい洋館

文京区の音羽通りの高台に建つ洋館があります。その名も鳩山会館政治家の鳩山一郎氏が1924年に建てたお屋敷です。
鳩山一郎さんは自由民主党の初代総裁で第52代内閣総理大臣を務めた人
現在の鳩山会館は修復をされた後に、1996年から一般公開されています。
現在の館長は鳩山由紀夫氏です。
洋館の設計は岡田信一郎氏。岡田純一郎氏は明治生命館や黒田記念館を設計しています。
鳩山一郎氏とは友人関係だったそうです。

外観

高台を上ると、素敵なイギリス風の洋館が現れます。
ドラマのロケ地としても使われていますね。
庭から眺めると、日本ではないみたいです。

洋館内

戦前に建てられたこの洋館は、改修を経て、平成8年から記念館として一般公開されてます。

玄関ホールのライティングが綺麗だと、受付の方が教えてくださいました。雰囲気が良いですね。
館内にはたくさんのステンドグラスがあります。
このステンドグラスは日本のステンドグラスに大貢献した「小川三知氏」の作成。
美しい建物は一流の職人さんの腕が光りますね。鳩山邸はたくさんのステンドグラスが使用されていて、本当に美しいです!

明治から大正にかけての洋館には、明るいサンルームが設計されていることが多いです。そこから眺める庭園を楽しめるようになっていますね。

第一応接室と第二応接室、食堂にかけてそれぞれの仕切りは、開放すると一続きの部屋になります。

戦後政治の舞台となった場所でもあり、感慨深いですね。

二階

2階へ向かいます。
この階段の踊り場上にある、巨大なステンドグラスは圧巻です!
法隆寺の五重塔のモチーフの赤い建物はガラスが二重になっていて、立体的に見えるようになっています。

庭園

園内にはバラがたくさん植えられています。
私の行った時期は桜が桜の季節でしたので、次回はバラの咲く時期に訪問したいと思います。
古い建物の修復、維持、庭園の管理は本当に大変でしょう。
個人的には、岡田信一郎氏の設計の建物をしっかり見学出来て、眼福です!

アクセス
東京メトロ・有楽町線
江戸川橋駅 2番出口徒歩7分
護国寺駅 5番出口徒歩8分
入館料 600円

上の画像をクリックすると、リンク先で少しお安くチケットの購入ができます。素敵な洋館を旅してみてください。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お名前.com

タイトルとURLをコピーしました