【ブロック住宅って何?銀座の有名な中銀カプセルタワービルに行って来た!】

建物

東京変な建物

「東京変な建物」で検索をかけると上位に上がってくる建物があります。
その名も中銀カプセルタワー。黒川紀章さんの設計したカプセル型の住宅で、メタボリズム建築の代表格です。

黒川紀章さん、名前は知っている人は多いのではないでしょうか?港区の国立新美術館も彼の設計ですね。

この中銀カプセルタワーは、直方体のカプセルが鉄筋コンクリート造の2つのタワーに取り付けられた構造で、床面積はおよそ10㎡。カプセルは4つのボルトでタワーに固定されていて、ひとつずつ交換できる仕組みです。

メタボリズム建築といって、新陳代謝するように、パーツを取り替えながら時代に合わせて変化していく、機能を変えながら使用できる住宅を考えていたようです。しかし、実際に交換はできななかったようです。

1972年施工のビルなので、老朽化により来年度には取り壊されるようなので、早く行かないと!と思い行ってきました!

  • 住所 東京都銀座8ー16ー10
  • 施工年 1972年
  • 設計 黒川紀章

新橋から歩くこと5分、まずは歩道橋側から見てみましょう。

古いけれど、ときめくビルなのはなぜでしょうか?

埼玉県北浦和公園にカプセルが置いてある

このカプセルの中、気になりますね!調べてみると、カプセルの設置している場所があるとの事でした。早速、行ってみましょう。

ここの北浦和公園内にカプセルが設置してあるそうです。

案内はどこにもありません。

とりあえず探してみましょう。

あ、あれは?

公園の片隅にて発見!
ポツンと置いてありました……

ぐるっと周ってみる。

中を覗いてみましょう!まずは丸窓から。

近づいて中を写すとこんな感じ。めちゃくちゃカッコいい!宇宙ステーションって、こんな感じですか?逆側からも見てみましょう!

中のドアは水回りでしょうか。外側は意外と大きくも感じますが、ここで暮らすとなるとミニマムな暮らしになりそうです。

このカプセルには入れませんが、じっくり観察できます。
銀座の中銀カプセルタワーでは写真を撮っている人がちらほらいましたが、この公園では誰もいませんでした。

このカプセルはメタボリズムの未来都市展で展示された後、埼玉県近代美術館に寄贈されました。
プロテクトタイプなので、実物とは少し違うかもしれません。

今この建物が出来ていたら、かなり画期的だったのかなと思います。ミニマリストの方々に絶賛されそう!一度泊まってみたいですね。
ちなみに敷地内の、埼玉県近代美術館は黒川紀章さん設計の美術館です!美術館も一緒に見て回ると、一層楽しめますよ!

中銀カプセルタワービル 最後の記録 [ 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト ]

価格:3,850円
(2022/3/17 19:36時点)
感想(0件)

面白建物は、こちらもどうぞ。【西川口にある梵寿鋼建築を訪ねてみた!】

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました