【お台場に史跡?台場公園で江戸の本気に触れてみた!&レインボーブリッジを歩くってヤバイ】

史跡

台場は砲台設置の為に作られた、軍事要塞だった。

お台場はフジテレビと自由の女神。遊ぶ場所。そんなイメージではありませんか?それもそうなのですが、ちょっと足を伸ばしてお台場の史跡を探索するのも楽しいですよ!
台場には砲台があったのをご存じでしょうか?

台場はペリーの来航後に危機感を覚えた徳川幕府が、江戸湾の守りを固めるために築造した砲台です。計画では11基築造しようとしていましたが、完成したのは6基。現在残っているのは第三台場と第六台場。第三台場は台場公園として開放されています。第六台場は立ち入り禁止になっています。

では進んでみましょう。
お台場で遊ぶエリアから少し離れているのですが、レインボーブリッジ方面に進むと木の茂ったエリアが見えてきます。

地図上の四角い台場公園を目指します!

奥に進むと小高い丘が見えてきました。

第三台場

低地部は見た目より、足元がぬかるんでいて、かなり足場が悪いです。火薬庫の跡、居住地の建物の基礎の陣屋跡、かまど跡がみれます。

さて、砲台を見に行きましょう。この砲台は昭和8年に復元されたものです。

品川台場の築造工事は1853年8月に着手され、1854年7月に第一、第二、第三台場が竣工。同年の12月に第五、第六、御殿山下台場が竣工。この時代に、このスピード感!江戸時代の国を守る気概のようなものを感じます。諸説あるようですが、総築造経費は現代の貨幣価値で700億円!かかったようです。

台場公園から海浜公園を臨む。

レインボーブリッジを渡ってみた!

ところで、レインボーブリッジに遊歩道があるのを知っていますか?台場公園を出てすぐ左手にある階段が遊歩道です。よし、歩いてみましょう。ちなみにこの時点では、どこに繋がっているか、何分かかるか知りませんでした。

ゲートの警備員さんに会釈して、いざレインボーブリッジへGO!この日はかなりの強風です!

写真を撮りながら進むと先ほど見学した、第三台場が近づいてきました。

ちなみに、もの凄い強風で、ゆっくりしか進めません。

記念碑も波止場もしっかり観察できます。写真を撮るために止まっているのですが、揺れるし、高いし、風も強くて手が震えます。高所恐怖症の人は遠慮した方がよさそうです。

進んでいると、立ち入り禁止の第六台場が見えてきました。野鳥の天国と化しているようです。

展望エリアもありますが、風が強すぎて立ち止まるのも大変です。

突然、エレベーターホールに出ました。遊歩道の終点です。着いた先は芝浦でした。

ちなみに、かかった時間は40分でした。本来なら20~30分位で渡れるそうです。
私の場合、立ち止まって写真を撮っていたのと、物凄い強風だったので余分にかかってしまったのかも。それにしても、めちゃくちゃ怖かったです。写真を撮るのに手が震えるなんて、初めてでした。

レインボーブリッジまとめ。


東京都港区の芝浦と台場を結ぶ吊り橋。吊り橋ですよ、そりゃー揺れますよね。
自転車は車輪に台車を付けて、手押しで通行できます。

  • 1993年施工。
  • 全長798m
  • 幅49m
  • 塔高126m
  • 橋げた52m(海面から)

遊歩道からは第三、第六台場を上から見ることができます。
高所恐怖症以外のかたはぜひ行ってみてください!
ちなみにジョギングする人、スーツを着たお兄さん、親子連れなどが通行していましたよ。

こちらもどうぞ。


タイトルとURLをコピーしました