【縄文ロマン!東京品川区の大森貝塚に行って来た!】

史跡

日本考古学発祥の地

東京都品川区に「日本考古学発祥の地」があるのをご存知でしょうか?
「大森貝塚」です。聞いたことのある人も多いのではないですか?
貝塚とは古代人のいわゆるゴミ捨て場の様な場所と言われています。ただし、貝塚からは貝殻だけではなく、鳥獣、魚の骨、土器や石器、人骨も発掘されています。
貝塚を調べることによって、当時の人々の暮らしがわかる貴重な場所です。

エドワード・シルベスター・モース

1877年(明治10)6月、エドワード・シルベスター・モースはシャミセン貝の研究の為に来日し、横浜から東京へ向かう汽車に乗っていました。
汽車の窓から外を眺めていると、なんと貝塚を発見!同じ年の9〜12月にかけて発掘し、1879年(明治12)に「Shell Mounds of Omori」を出版しました。これにより日本初の学術的発掘となった大森貝塚は「日本考古学発祥の地」とされています。
モースさん初来日は39歳だったそうです。それから東京大学の初代動物教授に就任。ダーウィンの進化論を初めて日本に紹介するなど、近代考古学や動物学の基礎を築いた人物です。

大森貝塚遺跡庭園

マンションを右手に見ながら道を進むと、右側に見えてきました。

貝塚の復元模型があります。こんなふうに重なりあって地層ができているのですね。

大昔は近くまで海があったのでしょう。

この大森貝塚は縄文時代後期から末期頃(約4500年前〜2800年前)の遺跡です。土器や装身具、動物の骨など出土しています。遺跡の出土品は品川区歴史館に展示されているので、気になるかたはそちらにも足を運んでみてくださいね!

縄文の風を感じられたでしょうか? 
都会のオアシスあふれる、居心地の良い公園でした!

大森貝塚遺跡庭園 アクセス

  • 品川区大井6-21-6
  • JR大森駅 徒歩5分
  • 公開時間
    • 7,8月 9:00〜18:00
    • 11〜2月 9:00〜16:00
    • それ以外 9:00〜17:00

こちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました