【こんなところにパルテノン神殿が?川越で見つけたギリシャの香り!】

建物

小江戸川越。本川越駅から徒歩15分。
大正浪漫夢通りの、突き当たり右手に見えてきました。
ギリシャのパルテノン神殿を思い起こすような、ドーンとした建物です!

川越商工会議所。現役バリバリの建物です。

  • 国指定の有形文化財
  • 市指定の都市景観重要建築物
  • 川越景観百選

設計は前田建二郎氏。日本橋高島屋の設計にも携わった「コンペの前健さん」と呼ばれた建築家です。

もともとこのビルは1927年(昭和2年)に武州銀行の川越支店として建てられました。1970年(昭和45年)に川越商工会議所が譲り受け、事務所として使用しています。
鉄筋コンクリート2階建て地下一階の建物。ルネッサンス リバイバル様式(19世紀前期ヨーロッパのルネサンス建築様式の復興)ギリシャチックな重厚感ある建物です!

ドリス様式の柱頭。ジャイアントオーダー(2階分の高さをもつ柱)が9本も使用されています! 

川越は新旧取り混ぜて、いろんな建物がありますね!
蔵造りの建物やクラシックな建築を眺め歩く、建物巡りも楽しいですよ!

アクセス

川越の西洋建物ならこちらもどうぞ。【川越でみつけた素敵な建物・保岡勝也設計②】

自宅にいながら簡単に離れた家族や友人と最高の旅行体験を!【バーチャルツアー】
タイトルとURLをコピーしました