【池袋にある梵寿鋼建築を訪ねてみた!独特の外観とシュールな内装が、推しポイント高め!】

建物

梵寿鋼建築

梵寿鋼さん、知っていますか?
日本のガウディとも呼ばれている建築家です。外観、内装共にインパクトのある建物を設計されています。ガウディとダリを足したような独特の建物!わけのわからなさに、ワクワク、魅入られてしまいます。
そんな梵寿鋼氏の建物が池袋にあるので、訪ねてみましょう。

斐禮祈:賢者の石

建物名は「ルボワ平喜南池袋ビル」 場所は東池袋から5分、南池袋公園からすぐです。

本立寺の横にあるこの建物、実は知っていました。独特の造形の建物なので、見ないようにしていましたが、まさかこれが!

建物サイド側

「斐禮祈:賢者の石」という建物名。 凄い名前が付いています。斐禮祈:賢者の石 斐禮祈と書いてヒラキと呼びます。普通の人は読めません!
施工年は1979年。

まずは外観から。丸い目のような物が賢者の石イメージなのでしょうか?

恐る恐る、入り口へ向かいます。中は薄暗い。が、入ってびっくり!エントランスロビーには思いもよらない怪しい世界が広がっています!

特徴的な門
天井のタイルとライト
突き出た腕がライトを持ってますね。
パイプのような?竹のような?
絶対に座りたくない椅子!

独特の不気味さは、タイルのぬめっとしているような質感からなのでしょうか?
よく見ると、爬虫類のウロコのような気も……

巨大な鏡
1人用もあります。
エレベーター上部は吹き抜け
エレベーターに絵は必須!
ステンドグラスから目が……

異世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。よくわからない装飾は凄すぎて、パワーを吸い取られていく気が…

ヴェッセル:輝く器

斐禮祈から30秒。もう一軒がこちら。建物名はヴェッセル:輝く器 施工年は1990年。よく見ると一枚づつ、パネル?の模様が違いますね。

お昼に行ったので、お店はまだ閉まっていたので、次は夜に来ようと思います!

池袋の梵寿鋼建築、いかがでしたでしょうか?
外装は抑えめ(他の梵建築に比べてです)、内装は細部までの創りこみに圧倒されました。
次もまた、梵建築めぐりは続きます!

梵寿鋼建築巡りオススメ!
【早稲田で噂の面白い建築,梵寿鋼「ドラード和世陀」を見に行ったら、圧巻だった!】


タイトルとURLをコピーしました