【建築家・梵寿鋼の樹下美人図シリーズ・並べてみました!】

建物
お名前.com

異色の建築家 梵寿鋼

建築家の梵寿鋼氏。ご存じでしょうか?

「日本のガウディ」とも呼ばれる梵寿鋼氏、独特のクセ強めの雰囲気(褒めてます)を醸し出す建物が私は大好きなのですが、
梵寿鋼氏の建築には、美人彫刻がされているものがシリーズとしてあります。
樹下美人図と言われるモチーフです。一般的に樹下美人図というと、

樹下美人図とは、樹下に美人がたたずむ様を描いた風俗図のこと。中国唐代に盛行し、正倉院蔵の鳥毛立女屏風 (とりげりゅうじょのびょうぶ) もその一例。

goo辞書より引用

梵寿鋼氏は

「大樹は家系図を意味し、樹下にたたずむ女性像は母性を意味します。それ故、樹下美人図は、寿舞を最も適切に、象徴する図像と考えられてきました」

1987年住宅建築6月号

「住まい」を「寿舞」と表現する梵寿鋼氏。
梵寿鋼氏の樹下美人図4部作として、
「EST ESPERANZA 」
「CASA DE TAMPPA」
「POZZO BIANCA」
「PETIT ETANG」

があります。
「CASA DE TAMPPA」が探しても見つからなかったので、それ以外の目を惹く美人と、シリーズ外ですが「La Porta Izumi 」の美人を建築順にを並べてみました。

樹下美人図

Est Esperanza 港区西麻布 1977年竣工
詳しくは【梵寿鋼巡り・エスペランサビルを探しに、西麻布を散歩!】

Pozzo Bianca 埼玉県川口市 1979年竣工
詳しくは【西川口にある梵寿鋼建築を訪ねてみた!】

引きで見ると、こんな感じ。

だんだんと進化していますね。私的にはプチエタンの美人が結構好きだったりします。
なめらかな曲線が美しいです。
コンクリート打ちっぱなし彫刻はダイナミックで、迫力感満載!
東京近郊で見られる職人技!
ぜひ足を運んでみてはいかかでしょうか?
ちなみに東京の建築巡りをしていて思うのですが、東京は実際に歩くと、坂が多い!そして物件は駅から遠いところも!
日焼けの恐怖に怯えながら、グーグルマップを見ての探索は結構しんどいです。
日焼け止めと、動きやすい服装とスポーツシューズでの探索をお奨めします。

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ【NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル】
人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました